生きることに不安はない、ただし。

老後の貯金だけを目標にあと何十年も働くとか無理そうなので。

成績証明を請求する。

先日、某留学エージェントの無料カウンセリングを受けてきました。

そこで、英語要件以外に合否に影響するファクターとして大学の時の成績があるということを教わり、愕然としている。

学部成績は確か、普通。再試受けたことなかった気がする。ラテン語の単位は落としたけど。

問題は修士過程…。

修論が「可」だったのは覚えている。ページ数が規定に達していたというだけで学位をもらったようなものだ。授業も、受講生2人なのに寝ていた、みたいな記憶しかないからほとんど可だろうな…。平均して可では2:1とかいうランクに到達しないっぽい話だったな…。ちゃんとやっておけば良かった…。

 

というわけで早急に成績を確認する必要がある。今更成績はどうしようもないけれど、志望校を変えねばならないかもしれず、そうすると英語の要求スコアも費用も変わるかもしれず。早いに越したことはない。

出願時に卒業・修了した過程の全ての証明書と成績の提出が必要で、その日付けは問題にならないらしいので、今申請してもあとで使えそう。というわけで申請した。

 

合計 4,522円(送料・為替手数料含む)

 

留学に関する出費はすべて出費タグをつけておこう。